ここから本文です

BL「トーキョーボーイミーツカントリー」洗練された都会男は農ライフにOH NO!?

コミックナタリー 10/17(月) 20:06配信

高昌ゆりがWebマンガサイト・COMICフルールで執筆した「トーキョーボーイミーツカントリー」の単行本が、本日10月17日に発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「トーキョーボーイミーツカントリー」は北海道の十勝地方で畑仕事をする大男・総一郎と、都会育ちの御曹司・千秋を描くBL作品。祖父の会社で働く千秋は、まだ新人なのに雑用を拒むは1回のトイレに30分もかけるはのわがまま放題で部内の輪を乱す。「大きなプロジェクトがある」と社長直々の辞令をもらった千秋は意気揚々と旅立つも、たどり着いた先は見渡す限り畑のド田舎。しかも宿泊先には嫁修行の女子が来ると思われていて、千秋は絶望ムードの中で農作業に励む。

またアニメイト、カドカワストアと公式サイトにリストが掲載されている応援書店、中央書店コミコミスタジオ、とらのあなでは購入者に特典を配布。詳細は各店にて確認を。

最終更新:10/17(月) 20:06

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]