ここから本文です

『ルパン三世 カリオストロの城』MX4D版で来年公開

オリコン 10/17(月) 15:24配信

 1979年にアニメ『ルパン三世』の劇場用長編第2弾として公開された『ルパン三世 カリオストロの城』。宮崎駿氏の映画初監督作品としても知られる本作が、シートの動き、振動、風、ストロボなどの特殊効果によって臨場感を演出する最新の体感システム「MX4D版」として、来年1月に公開されることが決定した。

『金ロー』ルパン祭りのラストは『ルパン三世 ルパンVS複製人間』

 14日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で15回目のテレビ放送がなされたが、平均視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、根強い人気ぶりを証明した。

 MX4D版のベースとなるのは、2014年に公開されたリマスター版。最新の技術と丁寧な手作業によりフィルムに映り込んだよごれや、ゴミを取り除き、音もノイズを取り除いて 5.1ch化。3D(立体)化はされないが、映像、音響に加えて、今回、ソニービジネスソリューション/ダイナモアミューズメント両社によるMX4Dならではの特殊効果が徹底的に加えられることになった。

 1971年より一貫してアニメ『ルパン三世』を制作してきたトムス・エンタテインメントは、拳銃などリアルな設定を取り入れ、日本初となるテレビアニメのステレオ音声化に取り組むなど『ルパン』を通じて先進的な試みに常に挑戦し続けてきた。『カリオストロの城』は前述のとおり、テレビで何度も放送されている作品だが、映画としての迫力を極限まで伝えようというアニメーション制作会社の新たな取り組みがMX4D版となる。昨年放送された新テレビシリーズの企画と平行して1年間をかけて意欲的に準備され、満を持して劇場公開を迎える。

■声の出演
ルパン三世…山田康雄
峰不二子…増山江威子
次元大介…小林清志
石川五ェ門…井上真樹夫
銭形警部…納谷悟朗
クラリス…島本須美
カリオストロ伯爵…石田太郎、ほか

最終更新:10/17(月) 15:24

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革