ここから本文です

Acid Black Cherry、映画『L-エル-』の読み語りアニメーションとライブ映像を無料配信

BARKS 10/17(月) 19:50配信

11月25日(金)にロードショーされる映画『L-エル-』の特設サイトがGYAO!でオープンされ、映画『L-エル-』のアニメーションムービーとライブ映像が配信された。

◆関連画像

アニメーションムービーは“【読み語り版】4th Album「L-エル-」Story Book”と題され、コンセプトアルバム『L-エル-』の物語部分を花澤香菜、鈴木達央、日笠陽子、茅原実里ら人気声優が読み語り。紙芝居風のアニメーションムービーとアルバム『L-エル-』の収録曲で構成された全13話を毎週2話ずつ配信していく。

さらに映画の公開を記念して、ライブ映像の配信も決定。配信されるのは、オリコン週間1位を獲得した3rdアルバム『2012』を掲げて行われた<Acid Black Cherry TOUR『2012』>日本武道館公演と、5周年記念全国ツアー<Acid Black Cherry 5th Anniversary LIVE Erect>国立代々木競技場第一体育館公演のライブ映像全編だ。

いずれも無料なので、この機会に特設サイトをチェックしてAcid Black Cherryの世界観に浸ってみてはいかがだろうか。読み語りを担当した声優からのコメントも下記に掲載しておく。

◆ ◆ ◆

・花澤香菜
Acid Black Cherryさんのアルバム『L-エル-』は、エルの感情の波と音楽の融合がとてもドラマチックで、世界観にどっぷり浸りながら楽しませていただきました!
幼少期から晩年まで、ひとりのキャラクターを演じられることは中々無いので、本当に特別な経験になりました。悲劇に見舞われながらも懸命に生きるエルと共に、私も精一杯頑張らせていただきました。

・鈴木達央
『L-エル-』は凄く野心的であり、尚且つ作品世界の雰囲気が独特で、個人的に凄く好きなアルバムです。表立って発言してきたことはないのですが、yasuさんの紡ぐ音楽や世界観は昔からとても好きなので、今回こうしてwebドラマに関わる事ができて感無量です。
ベタかもしれませんが、俺は「黒猫~Adult Black Cat~」が、とても好きです。あのメロにハンパなくヤられます。
僕が演じたオヴェスは、自分の気持ちに気付き、そこから愛を学び、それを貫いた男です。彼は、自分が知った愛を、大事に、大事に、大切に、大切に抱えていった男です。
そして彼は、絵描きです。そんな男です。

・日笠陽子
素敵なコンセプトアルバムに関わらせて頂き、とても嬉しいです。内容が濃く壮絶な物語なので、演じている最中もどんどん役に引き込まれました。引力が強い作品なのでファンの方はもちろん、初めて知る方にも見て聞いてほしい作品です。
私が演じたアンナは、男性と、そして命というものに翻弄され続けます。感情の上下も激しく、女性らしいというよりは女らしい、という感覚でした。
エルと出会う事で彼女は彼女なりに成長します。制作者様のこだわりもあり、ディレクションも細部までして頂き、演じていてとても楽しかったです。

・茅原実里
この『L-エル-』はコンセプトアルバムということで、エルの物語も、物語ありきの楽曲達も楽しむことができました。最初に本を読んだ時に、あまりにも悲劇的で波乱万丈なエルの生涯に衝撃を受けて胸が苦しくなりました。これまで様々な題材の物語に触れてきましたがここまでショックを受けたのははじめてでした。
物語の登場人物の中では、リノは「光」。とても大切な役どころだと思いながら収録に臨みました。聴いてくださったみなさまに、彼女の心の優しさが伝わることを願っています。

◆ ◆ ◆

映画『L-エル-』

公開:2016年11月25日(金)
出演:広瀬アリス、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、前川泰之、成田凌、弥尋、Mikako(FAKY)、古畑星夏、田中要次、高橋ひとみ 
原作:Acid Black Cherry 4th ALBUM「L-エル-」より
脚本:下山天・阿久津朋子 監督:下山天
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:東宝映像事業部
コピーライト:(c)2016映画「L-エル-」製作委員会

最終更新:10/17(月) 19:50

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]