ここから本文です

「日本の女性差別の構造はルワンダと一緒」女性装の東大・安冨教授が講演 

弁護士ドットコム 10/17(月) 9:53配信

ルワンダにおける女性への差別や暴力について考えるイベントが10月9日、東京都内で開かれた。「男性の格好をやめた東大教授」として知られる東京大学の安冨歩教授が登壇し、「日本の女性差別の構造はルワンダと一緒」と指摘した。

イベントの主催は公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン。国連が定めた国際ガールズ・デー(10月11日)に合わせて開催された。

中央アフリカに位置するルワンダでは、地域社会に「男らしさとは暴力」という思い込みがあり、女性への差別や暴力が根深く残っている。現地から来日した女子中学生、フランソワーズさんとレベッカさんは今回のイベントで、「学校で英語の勉強をしていたら、男の子に『時間の無駄だ』と笑われた」「友達が通学の途中にレイプされて妊娠し、中途退学してしまった。男の子を出産したが、家族にも見放され、今はどこで何をしているのか分からない」と語った。

この話を受けて、安冨教授は「日本の女性差別の構造はルワンダと一緒で、性、つまり出産という問題がある」と述べた。日本では女性が出産すると、「社会的なポジションを放棄しなければならないという構造」があり、「それが日本社会全体を苦しめている」という。「ルワンダでは見えやすい形で暴力が行使される。日本ではそういう暴力は存在しないが、結果は同じ。基本的に男性でなければつとめられないような社会構造ができている」と語っていた。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:10/17(月) 9:53

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。