ここから本文です

YouTube週間再生数世界一 ピコ太郎「PPAP」が人気になった理由

AbemaTIMES 10/17(月) 17:27配信

今世界で大人気の人といえばこの人。シンガーソングライターのピコ太郎。もっとも注目されているアーティストだ。

YouTubeの最新週間再生回数ランキングでは、アリアナ・グランデなど世界的なアーティストを抑え見事世界一となった。

世界的なアーティストとなったピコ太郎は千葉県在住の53歳。日本のお笑いタレントの古坂大魔王さんがプロデュースしている。

歌手のジャスティン・ビーバーがネットでお気に入りの曲とツイートしたことがきっかけで世界的に人気を博すこととなった。

気になる再生回数は2億回。街に出てみると思わず口ずさんでしまう若者が多くいるのが見受けられる。一般人のみならず有名人までもが真似てみたりと国内でもアレンジ動画が多く出ている。人気は国内だけにとどまらず全世界に及んでいる。

評論家で作家のラリー遠田さんは人気になった理由として「フレーズを思わずみんなが言いたくなり、パ行に含まれる”P”の音が口ずさんだ時に響きが良く、まるで一緒にダンスをしているような動きが味わえる」といった点を挙げた。

今月6日に発表された新曲はすでに580万回以上再生されており勢いは止まらない。

最終更新:10/17(月) 17:27

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。