ここから本文です

【インカレ】男子は中央大、女子は筑波大が優勝!<団体戦>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 10/17(月) 10:17配信

10月16日に開催されたバドミントンの全日本学生選手権(千葉県・千葉ポートアリーナ)は、男女団体戦の準決勝・決勝戦が行なわれた。

【男子】
男子団体は、準決勝で昨年の優勝校である法政大と、ナショナルB代表・五十嵐優、インカレ3連覇中の西本拳太らを擁する中央大、そして関西の雄・龍谷大と早稲田大が激突した。戦力で上回る中央大は、法政大に隙を見せずに3-0で勝利すると、もう一方の山では、近年着実に成長を遂げている龍谷大が早稲田大を3-0で退けて、初の決勝進出を決めた。
決勝戦は、中央大が勢いにのる龍谷大をしっかり抑えて3-0の完封勝利。2年ぶりの優勝を決めている。

【女子】
女子は、総合力の高い筑波大が頂点に立った。準決勝で日本体育大を3-1で破った筑波大は、決勝戦で早稲田大と対戦。第1シングルスを筑波大、第2シングルスを早稲田大が奪い合うと、ここで力を発揮したのが筑波大。ダブルスのエース、加藤美幸/柏原みきが完勝でポイントを上げて王手をかけると、続く第2ダブルスも勝利を飾り優勝。見事3連覇を達成している

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:10/17(月) 10:17

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

なぜ今? 首相主導の働き方改革