ここから本文です

「皆さんのおかげ」市長も喜びの声 映画館がない聖地・飛騨で「君の名は。」上映決定

BuzzFeed Japan 10/17(月) 17:49配信

映画「君の名は。」の物語の舞台になっている飛騨高山地方。

大ヒット作品の“聖地”でありながら映画館がなかったこの地で、11月6日、市民向けの上映会が行われることが決まった。

【写真特集】現実そのまま!『君の名は。』の聖地巡礼スポットをまとめてみた

BuzzFeed Newsでは、9月23日付けの記事で、市は公開前から上映会の打診を行ってきたと伝えていた。都竹淳也市長は「とにかく東宝さんに感謝」と喜ぶ。

最寄りの映画館は、隣の県

飛騨地方は、ヒロインの三葉が住む集落のモデルとして描かれており、駅やバス停、図書館などに現実の景色をモデルとしたシーンが多数登場する。

新海誠監督も「岐阜県、飛騨の皆さんには劇場で近くの町の風景を感じてほしい」と話していた。

しかし、飛騨には映画館がない。

飛騨市中心部からから最も近い映画館は、隣の富山県の「TOHOシネマズファボーレ富山」。車で1時間半ほどかかる距離だ。

自分たちが住む地域がアニメに! ということは知っていても、鑑賞するチャンスがない住民も少なくなかったようだ。

市役所観光課も映画館へのアクセスが悪いことは認識しており、BuzzFeed Newsの取材に対して「公開前から東宝に上映会の打診はしている」と話していた。

(関連記事:「話題になってるのは知ってるけど…」 聖地・飛騨の人々は「君の名は。」を見ていない?)

飛騨市の都竹淳也市長も、自身のFabebookページで交渉が難航していることを度々示唆していた。

<公開前からずっと交渉しているのですが、結構難航してます。原則、劇場優先なのと、貸し出すフィルム確保の問題のようです。(9月10日)>

<飛騨市内、飛騨地域ではまだ観れていない方が多いのですが、上映会がなかなか難しい状態なので、別のことを考えたいと思います。(9月19日)>

公開から約2カ月、念願かなって上映会にこぎつけた。

「話題にしてくださった皆さんのおかげ」

「そうなんです、ずっとお願いはしていたのですが……やっと実現することになりました!」

飛騨市役所観光課の横山理恵さんは、弾んだ声で取材に応じてくれた。

上映会は11月6日、飛騨古川駅すぐの文化交流センターで実施。TOHOシネマズの協力を得て、1日限定で3回上映する。

各回約650人を定員とし、計2000人を動員する予定だ。

「人口2万5000人の小さな市としては、かなり大きな規模のイベントになります」

「公開中の作品の上映会が実現したのは『聖地なのに映画館がないらしい』とネットで話題になり、テレビやネットメディアで取り上げてもらった結果。応援してくださったみなさんのおかげです」

都竹市長も、BuzzFeed Newsの取材にこう答える。

「とにかく、東宝さんに感謝です」

「劇場上映中の作品にも関わらず、このように協力的にご対応いただいてありがたい。市民の反響も大きく、大変うれしく思っています」

“聖地巡礼”客足は衰えず

「君の名は。」の聖地巡礼として飛騨市を訪れる観光客は、10月に入っても減らず、週末の駐車場では全国各地のナンバーが見られるという。

映画のシーンと実際の飛騨の風景写真を展示するパネル展も好評。今月で終了予定だったが、12月27日までの会期延長が決まった。

上映会の市民向けチケット先行販売は、23日午前10時から。市外のファンのための一般発売の有無は、残席がある場合のみ31日に飛騨市Webサイトで行う予定だ。販売がない場合は、事前に告知する。

「聖地で君の名は。を!と思ったファンの方、すみませんがまずは飛騨市民にも映画を観させてください…笑」

最終更新:10/17(月) 17:49

BuzzFeed Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革