ここから本文です

第63回マカオGP、開幕まで1ヶ月…第63回マカオGP、開幕まで1ヶ月…地元医師と消防局員らがレスキュー講習参加

マカオ新聞 10/17(月) 11:25配信

 長い歴史を持ち、世界的な知名度と人気を誇るモーターレースの祭典、マカオグランプリ。

 今年(2016年)の「サンシティグループ第63回マカオグランプリ」は11月17日から20日までの4日間、F3マカオグランプリ、GTワールドカップ、モーターサイクルグランプリなど7つのレースの開催が予定されている。

 マカオグランプリといえば、市街地の公道を使用した全長6.2kmの「ギア・サーキット」を舞台にレースが開催されることで知られる。すでにサーキット周辺では観覧席やガードレールの設置作業が始まっており、街はグランプリモードに突入している。

 開幕をおよそ1ヶ月後に控えた10月15、16日、大会組織委員会(MGPOC)と国際自動車連盟(FIA)が大会ファストレスキューコンサルタントのジャン・ジャック・イセルマン医師、FIAメディカルスタッフのジャック・トロペナ医師を招聘したレスキュー講習を実施。講習には地元の医師20人と消防局員60人が参加し、講義、模擬レース自己訓練、レスキュー実習の後、テストに臨み、合格者にはFIAによる認定証が交付された。

 マカオグランプリでは、2007年から地元スタッフによるレスキュー隊を構成しており、同年からFIAと合同でレスキュー講習を実施してきた。これまでに延べ500人以上が関連講習を修了し、グランプリでの仕事に従事したという。

最終更新:10/17(月) 11:36

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]