ここから本文です

「ポケモンGO」ヒットを生んだ、ポケモン・Niantic両社の海を超えた連携と信頼関係

SENSORS 10/17(月) 15:00配信

今年7月のローンチ以来、幅広い層の心を掴んだ位置情報ゲーム「ポケモンGO」。この制作舞台裏が、9月に行われたメディア向けのラウンドテーブルにて語られた。この場でのポケモン・Niantic両社によるエピソードやその場での空気感は、堅い信頼関係を感じさせられるものだった。

キャリアに迷ったら「自分のハートに聞く」テクニカルアーティスト伊藤大地

ポケモン・Niantic両社はどのようにそれぞれの社風・進め方を理解し、コミュニケーションを取っていったか。ヒットの裏にあった連携・信頼関係の構築にまつわるエピソードをピックアップ。株式会社ポケモン Pokemon GO 推進室 室長 江上周作氏、Niantic Inc. シニア・プロダクトマネージャー Pokemon GO ゲームディレクター 野村達雄氏の言葉を元にお届けする。

※「ポケモン」については以下、「株式会社ポケモン」を差す場合「ポケモン社」と標記する

■それぞれの“らしい“アイデアが自然と出るように

2014年エイプリルフールのGoogle Maps上の企画「ポケモンチャレンジ」が、両社の繋がるきっかけだったという「ポケモンGO」。両社が最初に顔を合わせたのは2014年4月(Nianticは当時Googleの社内ベンチャーだった)。その半年後、2014年10月にプロジェクトとして立ち上げ。Nianticからは「ポケモンらしい」、ポケモン社からは「(Nianticの手がける位置情報ゲーム)Ingressらしい」アイデアがそれぞれ自然と出て、お互いのアイデアがかみ合うような感覚があったという。


野村:(ポケモン社の)第一印象は、「高レベルのIngressプレイヤーの社員が多く、新しいことに常に敏感な、チャレンジ精神が強い企業」というものでした。乗り越えなければならないという点について、もちろん国を超えた時差・言語の壁というものはありましたが、それ以外の核となるコンセプト部分などでは、ポケモン社さんの方が非常に協力的であるため、特にありませんでした。
我々もみんなポケモンを若い頃に何かしら遊んだり、(現実世界に出てくる等)何かしら妄想したりしていました。小さい頃の自分に自慢してあげたいですね。

江上:(Nianticは)皆さん優秀なエンジニアであり、とても快活で活発に議論もできて、一緒に仕事がしたいと思える人々でした。弊社でもIngressをプレイしている社員が多かったので、「人を外に連れ出す」ということの楽しさを理解できる土壌があったなと感じます。実はIngressのイベントでスカウトされた社員もいる位です。
ユーザーの皆さんにスマホアプリでもポケモンの手触りを感じてもらえるよう、世界観をはじめ、我々が20年間大事にしてきたものや譲れない部分はしっかりNianticさんに提案したり、調整していく必要があると考えていました。そのための弊社から必要と考える仕様やデータ、3Dモデルなどを整理し、提供していきました。なかにはそのままではブログラムに使いにくい形式のデータもあり、そうしたものは、使いやすい形に整形、変換して提供するなど、できるだけ開発チームに手間をかけずアプリ開発に集中できるようにサポートしていきました。


2014年12月に正式に契約を交わし「ポケモンGO」プロジェクトがスタート。その後両社にとっては「課金をヘルシーに」=重い課金を発生させないという共通認識が大きかったという。また、ポケモン社でもNianticと同じグループウェア・Google Appsを導入したこともあり、共通のサービス上でデータや資料の共有、メールのやりとり、ビデオカンファレンスが可能に。時差や距離を感じさせないコミュニケーションを図ることが出来るようになったそうだ。

1/3ページ

最終更新:10/18(火) 10:14

SENSORS