ここから本文です

「ヌーブラ」がコスプレイヤー女子に人気 ハロウィンの売上は通常の2倍

AbemaTIMES 10/17(月) 17:49配信

ハロウィンを間近に控えたこの時期にコスプレイヤー女子に人気な商品があるという。それはヌーブラだ。

ヌーブラはもともと医療用にアメリカで作られたシリコン樹脂製の代用乳房。その技術を応用したファッション用商品として2003年に日本に上陸した。現在も年間およそ30万個を販売する人気商品である。

ハロウィンのコスプレ衣装には胸が露出されるものが多く、胸を寄せてきれいに見せるためにヌーブラが売れている。ハロウィン時期の売り上げは通常の2倍にものぼり、ハロウィンシーズンの他にもコミックマーケットが開催される8月と12月にも売り上げは伸びる。

ヌーブラにもいくつか種類がありコスプレイヤーたちは衣装に応じてこれを使い分けている。

昨今はラインナップも多様化。内側にあるマークと乳首を合わせるだけで簡単に装着できるイージーフィットヌーブラや、粘着面(シリコン)がない部分から汗や蒸れを外に逃がす『息するヌーブラ』といった商品も出ている。

最終更新:10/17(月) 17:49

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。