ここから本文です

電通、労働時間の上限引き下げへ 新入社員の過労自殺を受け、社長が文書で通達

BuzzFeed Japan 10/17(月) 21:00配信

国内最大の広告代理店・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が過労で自殺した問題で、同社がこれまで月間労働時間の上限を5時間引き下げることがわかった。10月17日に石井直社長が社員に送ったメッセージの文面などを、BuzzFeed Newsが入手した。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

それらによると、「最長で法定外月間50時間」(所定外月間70時間)に設定していた上限を、「最長で法定外月間45時間」(所定外月間65時間)に引き下げるという。

法定時間は、労働基準法により定められている1日8時間。所定時間は、就業規則で定められており、電通の場合は1日7時間。これらを超える労働時間の上限について、月あたり5時間引き下げる方針だ。

また、これらの実現に向けて、人事局は「全館22時消灯」の方針を社員に通達。長時間労働が常態化していることで知られる電通において、「労務管理は、極めて大きな変化を遂げる」(石井社長)。

「ステークホルダーに受容されない」

メッセージの冒頭には「社員の皆さんへ」とある。「当社における労働環境の抜本的な改善に向けて」と題して、10月14日に東京本社や関西、中部で実施された東京労働局による「臨検監督」に触れている。

“臨検監督が、このような広範な規模で実施されることは前例がなく、また、東京における臨検監督には「過重労働撲滅特別対策班」も参画したことは、当社の労働環境に対する当局の関心の高さの表われであり、社はその事実を極めて厳粛に受け止めています“

また、高橋まつりさんの自殺が「社の業務上の事由にあることが行政に置いて認められ」たことにも触れている。

そのうえで石井社長は、「行政指導である是正勧告にとどまらず、法人としての当社が書類送検されることも十分に考えられる」と踏み込み、一連の報道や論調について、「電通という企業を糾弾するもの」と評価して、こう述べている。

“一連の報道に接し、心を痛めている社員の皆さんの心情を思うと、私自身、社の経営の一翼を担う責務を負っている身として、慚愧に堪えません。

高橋まつりさんに関する労災認定の一件に加え、先日の臨検監督、さらにはその後の一連の報道における論調は、当社が現在直面している事実を如実に表しています。

それは、これまで当社が是認してきた「働き方」は、当局をはじめとするステークホルダーから受容され得ない、という厳然たる事実に他なりません“

さらに、こうも付け加えている。企業と社員が持続的に成長し続けるためには、業績だけではなく、「日々仕事に取り組む社員が、健全な心身を保ち続けていることが、その企業の根幹において成立」していないといけない、と。

1/3ページ

最終更新:10/19(水) 17:30

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。