ここから本文です

5,000Whリチウムイオン電池内蔵,115kg、550万円のオーディオ用電源。独STROMTANK発売

Stereo Sound ONLINE 10/17(月) 21:47配信

家電やPCからノイズの混入をシャットアウト

 ステラは、ドイツのストロームタンク(STROMTANK)製クリーン電源「S5000」の受注を10月20より開始する。価格は¥5,500,000(税別)。同社はプレミアムオーディオブランドMBLの創設者であり自身も設計者として著名なWolfgang Meletzky(ヴォルフガング・メレツキー)氏が立ち上げたメーカーだ。

 本機はリチウムイオン電池を内蔵したモデルで、純粋な正弦波コンバーター電源により、使用するオーディオコンポーネントをグリッド電流から完全に分離することができるという。家電やパソコンなど、生活環境にある電化製品がグリッド内の電源を汚染してオーディオシステムに干渉、この干渉は根本的に取り除くことはできないため、より高音質を目指すためにはグリッドの完全分離が不可欠としている。

 内蔵電池の容量は5,000Whは、約8時間の連続運転が可能だという。また、充電中でもオングリッドモードでの動作を可能としており、音楽を中断することなく楽しむことができるとのこと。充電回数6,000回以上を実現し、長期にわたってその性能を発揮するという。さらに、負荷が2.5W以下では状態を自動検知して動作を停止、消費電力を最小限に抑えるといった機能も備えている。

 入力電源はAC50~140V(45~65Hz自動検出)で、AC100V(50Hzまたは60Hz、水晶制御)を出力する。最大で4,000Wを出力するため、大型のパワーアンプ駆動にも安心して使用できそうだ。

 先に開催された東京インターナショナルオーディオショウでは、会場で音が披露され、本機が組み込まれたときには来場者から驚嘆の声が上がったほど大きな音質の差が認められたという。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:10/18(火) 9:07

Stereo Sound ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革