ここから本文です

DITAイヤホンを使って製作されたJAZZミニアルバムがgrooversで配信開始

Stereo Sound ONLINE 10/17(月) 21:57配信

プロデュース、レコーディング、ミックスはベーシストの塩田哲嗣さんが担当

 ハイレゾ音楽配信サイト「groovers Japan」は10月17日(月)、“ディータ(DITA)のイヤホンで聴く“をコンセプトにした、オリジナル録音のジャズミニアルバム「Nori Shiota presents DITA session in New York」の配信を開始した。リニアPCM 96kHz/24bitのWAVファイルで価格は¥1,799(税込)となる。

 ディータはシンガポール発のイヤホンブランドで、特にジャズやクラシックなどの再生において高パフォーマンスを発揮するという。

 本アルバムは、ディータとミュージシャンによるコラボ企画だ。プロデュース、レコーディング、ミックスは、国内外で活躍するベーシストの塩田哲嗣(しおた・のりひで)さんが担当。ヴォーカルにレズリー・ハリソン(LEZLIE HARRISON)、ギターにサウル・ルービン(Saul Zebulon Rubin)、ピアノにギオギ・ミカゼ(Girogi MIkadze)を迎えている。

 レコーディングは、ジョン・レノンが使っていたスタジオとしても有名な、ニューヨークのスタジオ「シア・サウンド(Sear Sound)」で行なわれた。制作過程ではつねに同社のイヤホンが使用され、“ディータのイヤホンで聴くこと“にふさわしいアルバムに仕上がった。

 アルバムの詳細は下記の通り。

Nori Shiota presents
DITA session in New York
■レゾリューション:96kHz/24bit
■ファイル形式:WAV
■価格:¥1,799(税込)
■曲目:
1.Georgian National Anthem (piano solo)
2.At Your Best(You Are Love)
3.I Wish I Knew
4.People Make The World Go Around
5.Nearness Of You
6.Throw it Away
7.What a little Moonlight Can Do

Stereo Sound ONLINE

最終更新:10/17(月) 21:57

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。