ここから本文です

マツダデミオとCX-3が2016年10月に大幅改良(マイナーチェンジ)!ベース価格は変わらず明らかに買い得に!

オートックワン 10/17(月) 20:04配信

2016年10月、デミオとCX-3が同時に大幅改良!

2016年10月14日、マツダデミオとCX-3に大幅な改良が施されたことが発表された。

2016年10月、デミオとCX-3が同時に大幅改良!最新フォトギャラリー[画像:77枚]

改良の内容はGベクタリングコントロールの標準装備やエンジン、足回りや内装など多岐に渡る。なお、タイトルではマイナーチェンジと表現しているが、メーカーのマツダでは改良と呼んでいることを予めご了承いただきたい。その改良の詳細について解説していきたい。ちなみに前回は、デミオ・CX-3のいづれも2015年12月24日に改良を受けていた。

トヨタや日産は、性格の異なるさまざまなジャンルのクルマをそろえる。そのためにコンパクトカーのトヨタ パッソとオフロードSUVのランドクルーザー、ミニバンの日産セレナとスポーツカーのGT-Rでは、同じメーカーの商品でも共通性は感じられない。

一方、2012年にCX-5を発売した後のマツダは、車種数を限定して、すべての商品に同じ持ち味を与えている。

エンジンからプラットフォーム、サスペンションまで「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と呼ばれる技術シリーズで仕上げ、外観も「魂動デザイン」で共通化。スポーツ指向に絞り込んだクルマ造りを行う。その影響で、設計が古いミニバンのマツダ プレマシーやビアンテは最近ではほとんど変更されておらず、実質的に放置された状態だ。

だが、すべてをスカイアクティブで仕上げたCX-5以降の商品は改良を頻繁に行う。

スカイアクティブ以降のマツダ車は、車種数が少なくプラットフォームやメカニズムも共通だから、商品改良が容易で同時期に行えるメリットがある。今回のデミオ・CX-3の同時改良もその一例だ。

改良に伴い、両車共にGベクタリングコントロールを標準装備

今回の改良で両車に共通する点は、Gベクタリングコントロールを全車に標準装備したことだ。

Gベクタリングコントロールについてはすでにアクセラとアテンザに採用されているので、ご存じの方も多いと思う。ハンドル操作に連携してエンジン出力を微妙に増減させ、車両の挙動を安定させたり操舵感を上質にする技術だ。

例えば直進状態で荒れた路面に差し掛かったとしよう。進路が乱されるためにドライバーはハンドルを動かして修正操作をするが、Gベクタリングコントロールは操舵の開始で反応して、エンジン出力をわずかに絞る。すると前輪の荷重が増えて車両の向きが変わりやすくなり、修正操舵角度が小さくて済む。その結果、ドライバーは路面の舗装状態が良くなったり、足まわりの直進安定性が向上したように感じるわけだ。

カーブを抜けた後、あるいは車線変更の終了時など主にハンドルを戻す時は、絞られたエンジン出力を復活させる。後輪の荷重が増えるため、後輪の接地性が高まって走行安定性が向上する。

このほか加減速が行われることで乗員に加わる横方向の力が前後方向にも分散されるため、同じ速度でカーブを曲がっても、車両の動きが緩やかに感じる。Gベクタリングコントロールでは同乗者の快適性を高めることも可能だ。

この機能は既存のセンサーやメカニズムから成り立つからコストを高めない。ただしエンジン制御によって0.01Gレベル(通常の加減速の10%程度)のキメ細かなコントロールを行うため、直噴式のスカイアクティブG/Dでないと困難だ。

1/3ページ

最終更新:10/17(月) 20:04

オートックワン