ここから本文です

女性トップの下で働く男性社員の悲哀? 米Yahoo!を追われた男性が次々暴露訴訟

ギズモード・ジャパン 10/17(月) 18:10配信

女の園はイバラの道?

その功績や本当の手腕はともかく、落ち目な米Yahoo!の立て直しにすべてを捧げてきたマリッサ・メイヤーCEO。ところが、最近になって、彼女の体制で不遇に甘んじてきた男性社員たちが、同社を相手取り、怒りの訴訟を起こす流れが相次いでいますよ。

このほどYahoo!を昨年1月に解雇されたScott Ard氏は、メイヤーCEOが社内の男性従業員をおとしめるため、偏見に満ちた人事評価システムを導入したとして、米連邦地方裁判所へ訴え出ました。同氏は、この新システムのせいで、入社したての女性社員に自分の職を奪われ、挙げ句の果てに、過去の人事評価で高いスコアを獲得していたにもかかわらず、不当にも解雇通告を受けたと提訴。解雇される要因になった、新システムでの自分の評価を見せるように要求したものの、即刻荷物をまとめて出ていくよう言い渡される仕打ちを受けたと暴露しています。

また、同訴訟では、メイヤーCEOのもとで、絶大なる権力を振るってきた女性マネージャーたちによる理不尽な人事も非難されています。たとえば、最高マーケティング責任者(CMO)を務めたKathy Savitt氏が就任するまでは、同ポジションで直属のマネージャークラスの上司に占める女性の割合は2割にも満たないものでした。ところが、Savitt氏は女性優遇論を公言しつつ、次々と男性社員をクビに追い込んでは、代わりに女性上司を抜擢。彼女がCMOに就任してから、わずか1年半のうちに、先ほどの上司マネージャー陣は8割が女性で占められるにいたったと訴えられています!

どうせクビにされたことを恨む無能な男性社員が、腹いせに起こした訴訟だろうと一蹴する人もいるかもしれませんけど、Yahoo!を追われたArd氏は、現在はSilicon Valley Business Journalの編集長として活躍中。また、今年2月には、同じくYahoo!を解雇されたGregory Anderson氏により、露骨な女性社員の優遇と男性社員への差別的待遇を問題視し、同社を訴える裁判が起こされていますよ。

今回の訴訟報道を受けて、Yahoo!広報担当のCarolyn Clark氏は、メリッサCEOのもとで採用されてきた、より幅広く優秀な社員を重用するための新評価システムが、まったく公平なものであり、有益な目的に資すると改めて強調。無益な提訴を非難しつつ、低レベルな社員を去らせるために同システムが順調に機能したと述べて、全面対決の姿勢を見せています。業績不振のみならず、お家騒動の内紛にまで発展しなければよいのですが…。

image by Magnus Hoij via Flickr
source: Mercury News via The Cut
Eve Peyser - Gizmodo US[原文]

(湯木進悟)

最終更新:10/18(火) 10:48

ギズモード・ジャパン