ここから本文です

攻撃型にする? それとも破片型…? スイッチで攻撃の種類が選べる手榴弾「ET-MP」

ギズモード・ジャパン 10/17(月) 21:12配信

音響閃光手榴弾でお願いします。

戦争映画でもおなじみの「手榴弾」。塹壕や隣のビルに放り込むなど、その誕生から現代まで活躍し続けています。手榴弾は大きく分けて「破片手榴弾/攻撃手榴弾」の2種類があるのですが、TFBによるとどちらも選択できるよくばりな「ET-MP」が現在開発中です。

そもそも、破片手榴弾と攻撃手榴弾の違いは何なのか…。これは、破片で敵にダメージを与えるか、あるいは爆風で効果が発生するかの違いです。破片手榴弾は本体の金属を周囲に撒き散らしてダメージを与え、攻撃手榴弾は爆風などの衝撃で威力を発揮するんですね。

そしてニュージャージー州の米軍研究所で開発が進められている「ET-MP」はスイッチを選択するだけで、簡単に破片手榴弾か攻撃手榴弾かの切り替えができるんです。また、電子的に爆発までの時間を制御し、武装状態になるまでは爆発させないなどの管理も可能です。

「ET-MP」の配備は2020年を予定。残念ながらテロとの戦いがさらに拡大しそうな昨今、この手榴弾が威力を発揮する機会は十分にありそうです。

source: TFB

(塚本直樹)

最終更新:10/17(月) 21:12

ギズモード・ジャパン