ここから本文です

縦横無尽な動きが体感できる巨大シミュレーターマシン

ギズモード・ジャパン 10/17(月) 22:10配信

動ける方向が広がり、よりリアルな体感へ。

最新のVRシステムがどんなに「その場に居る感覚」だといっても、自分の体が動かないまま椅子に座って遊んでいたんじゃ没入感もしれています。でも、「CableRobot Simulator」(ケーブルロボット・シミュレーター)があれば勢いのあるローラーコースターの落下も、重力のかかる戦闘機の急上昇も体感できちゃうんです!

パッと見、ゲームのボスが中にいて、高速で宙を飛んでプレーヤーを襲ってくるみたい…それとも浮遊する瞑想空間か…なんだかそんな風にも見えなくもないCableRobot Simulatorは、Fraunhofer IPA(生産技術・オートメーション研究所)とMax Planck Institute for Biological Cybernetics(バイオロジカル・サイバネティクス研究所)の研究者たちが共同解発したものです。

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=W7nGL-_5SDw

こちらはFraunhoferIPAが公開しているシミュレーターが動く様子の動画です。

大きな部屋の中に、カーボンファイバー製で180ポンド(約82kg)の人が一人ポツンと座れるようになっているケージが存在します。普通のシミュレーターならその周りをディスプレイが囲んでいて、人が座っている空間が地面から伸びたアームにつながっていて縦横斜めに揺れるものですが、こいつは違います。巨大な部屋の4隅ならぬ8隅から8本のスチールケーブルが伸びてこのケージについており、それが各方向に引っ張られることで縦横無尽にケージが部屋の中を動き回り、空間的な広がりが体感できるんです。高速でケージを動かすことで最大1.5Gまで体感できるようになっており、動きの制約は部屋の大きさと、ケーブルをひくウインチのパワーだけ。

Oculus Rift的なワイヤレスのVRシステムも搭載しているので、巨大なディスプレイなしに没入感のあるシミュレーションを体験できるようになっています。研究者たちはこのCableRobot Simulatorを安全な環境でパイロットやドライバーなどを教育するのに使用できるのではと考えています。でもきっとほかのみんなは「スタートレック」のホロデッキ実現に向けて、人類の技術が一歩近づいたと感じていることでしょうね。これでVRアトラクションを体験できる日が早くこないかな。

image by Gizmodo US

source: YouTube, Fraunhofer IPA via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]

(abcxyz)

最終更新:10/17(月) 22:10

ギズモード・ジャパン