ここから本文です

菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」、「面白いけど怖い」「ドロドロ」と評判の中で癒しの存在“お兄ちゃん”を演じるのは誰?

E-TALENTBANK 10/17(月) 21:37配信

14日から放送された菅野美穂主演のTBS系ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」に出演している、佐野勇斗に注目が集まっている。

「砂の塔~知りすぎた隣人」は、憧れのタワーマンションに引っ越してきた平凡な主婦が、思いもよらぬ“最凶の隣人”に出会ってしまったことで、そこに巣食う女たちの闇や、タワマン特有のルールによって翻弄されながら、愛する家族を守るために立ち向かっていくと言う物語だ。

第一話では、憧れのタワーマンションに引越した平凡な主婦・高野亜紀(菅野美穂)が、タワーマンション独特のヒエラルキーに巻き込まれ、女性社会のドロドロした部分がたっぷり描かれ、放送中からTwitterでは「やばいよ。ドロドロだよ。怖いよ。」「怖すぎるwww」「砂の塔めっちゃ面白い~!怖いけど!」「女の恐ろしさめっちゃ見える(笑)」という声が止まなかった。

そんな殺伐とした世界が描かれる中、視聴者の大きな癒しとなったのは、近所の体操教室でインストラクターを務める生方航平(岩田剛典)と共に、亜紀の高校1年生の長男・高野和樹の存在だったようで視聴者からは「お兄ちゃんが、よかった~~~~~」「兄ちゃん神対応すぎてやばい」「砂の塔のお兄ちゃんかっこいい」「お兄ちゃん役の子が性格かっこよすぎて癒された」というコメントが殺到した。

この“お兄ちゃん”こと亜紀の長男・高野和樹を演じるのは、佐野勇斗(さの・はやと)。佐野は、愛知県出身で、現在、5人組ボーカルダンスユニット『M!LK』のメンバーとしてと活躍中の18歳だ。2015年3月に1stシングル『コーヒーが飲めません』でCDデビューを果たしており、来年1月11日には5thシングル「疾走ペンデュラム」のリリースも決定している。

佐野は、今回が連続ドラマ初出演。そのため、ドラマ放送中、視聴者からは「かっこよすぎ!あれ誰?」「誰だろこの俳優さん~と思って~調べてみた」「砂の塔のお兄ちゃん誰や」という声が多く上がっていたようだ。また、佐野も配役が発表された際には「和樹役に決まったと聞いたときは、正直嬉しさよりも先に不安でいっぱいでした。」とコメントを残している。

佐野演じる和樹は、第1話で、進んで歳の離れた妹・そらの面倒を見ていた他、いつもキレイにしていなければいけないという母・亜紀の愚痴を聞き、こっそりアクセサリーをプレゼントしようとするなど、心優しい兄ぶりを見せ、視聴者からは「こんなお兄ちゃん本当に欲しい!!」「あのお兄ちゃん理想すぎる、、、」「お兄ちゃんしてるお兄ちゃんかっこいい 」など、その演技に絶賛の声が寄せられていた。

そして、この第1話の放送を受け、佐野も自身のブログで「「砂の塔、みてくれましたかっ??友達や親戚から、『すっごいおもしろかったよ!』という感想をもらって、すっごい嬉しい佐野勇斗です。」と、喜んでいる様子だった。

また、佐野は放送前のコメントで「僕が演じる和樹は、お母さんや妹想いの、すごく優しい男の子という印象を受けたのですが、ストーリーを読み進めていくうちに、だんだんと和樹の『闇』の部分が明らかになっていきます。和樹の明るい部分と闇の部分を細かく、繊細に演じていきたいと思います。」とも語っているため、今後の演技の変化にも注目したい。

最終更新:10/17(月) 21:37

E-TALENTBANK