ここから本文です

【HOT BUZZ SONG】ピコ太郎「PPAP」がダウンロードポイントも加わり首位に、RAD「前前前世」は2位

Billboard Japan 10/17(月) 11:15配信

 今週のホット・バズ・ソングは、6週連続1位を獲得していたRADWIMPSの「前前前世」を退け、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が獲得した。

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。先日、ピコ太郎の「PPAP」の動画がYouTubeの週間再生ランキングで世界一になったと大きく報じられたが、日本国内でも首位を獲得。ユーザーが本楽曲を使用して生成した動画(UGC)も含めると、1300万回以上再生されるという驚異的な数字を記録した。その他、Twitterは3位、ダウンロードは19位と他の指標も上位を獲得しており、今回初登場1位という結果となった。

 続いて、2位は人気が衰えることを知らないRADWIMPS「前前前世」。ダウンロード順は7週連続で1位を獲得しており、Twitterは2位、動画再生数は2位とロングヒットの記録を更新し続けている。そして、3位は初登場のB’z「世界はあなたの色になる」が獲得。テレビアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマにも使用されており、動画ポイントはないもののダウンロード2位、Twitterは34位を獲得した。

 その他、自身も出演するドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌、星野源「恋」は、ダウンロード解禁前だが、新垣結衣とのダンスが話題となり、Twitter1位に。動画再生5位のポイントも加わり、ホット・バズ・ソングは8位となった。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年10月17日付)
1位「ペンパイナッポーアッポーペン」ピコ太郎
2位「前前前世」RADWIMPS
3位「世界はあなたの色になる」B'z
4位「なんでもないや」RADWIMPS
5位「NANIMONO feat.米津玄師」中田ヤスタカ
6位「道」宇多田ヒカル
7位「My Boo」清水翔太
8位「恋」星野源
9位「涙のない世界」AAA
10位「なんでもないや」上白石萌音

最終更新:10/17(月) 11:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]