ここから本文です

【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』貫録の3連覇、Happinessが2位に

Billboard Japan 10/17(月) 17:10配信

 宇多田ヒカル『Fantome』の勢いが止まらない。『Fantome』は9月28日リリースの作品で今回で3回目の集計期間を迎えたが、63,052枚を売り上げてアルバム・セールス・チャート3連覇を果たした。【先ヨミ】の中間発表(10月10日~10月12日集計)では31,566枚だったので、週末にかけて約3万枚のセールスをさらに重ねた。累計は40万枚を超えており、今後どこまでセールスを伸ばしていくかに注目が集まる。

 2位は、Happinessの約4年ぶりのニューアルバム『GIRLZ N' EFFECT』。前述の中間発表では、24,136枚として『Fantome』に迫る数字を見せていたが、それ以降の伸びがいまひとつで1位獲得とはならなかった。そして、ロングセールス中のRADWIMPS『君の名は。』がトップ3に返り咲き。こちらの勢いもまだまだ継続中で、累計売上げ枚数は30万枚目前となっている。映画の方は、興行収入150億円を突破。今後は台湾・韓国・イギリスなど世界89の国と地域での配給が決まっている。

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2016年10月10日~10月16日までの全国推定売上枚数)
1位:『Fantome』宇多田ヒカル 63,052枚
2位:『GIRLZ N' EFFECT』Happiness 33,258枚
3位:『君の名は。』RADWIMPS  17,496枚
4位:『虚無病』amazarashi 12,595枚
5位:『EXTREME BEST』EXILE 11,712枚
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

最終更新:10/17(月) 17:10

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]