ここから本文です

F1冬季テスト開催地問題:バーレーン反対派、「シーズン中開催」の妥協案を提示

オートスポーツweb 10/17(月) 8:06配信

 レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、大きな論争となっているプレシーズンテストのバーレーン開催について、来年のグランプリ後に行うことを提案した。

2016年のプレシーズンテスト

 F1チームは現在、2017年シーズンに先だって行われるプレシーズンテストの実施場所をバルセロナにするかバーレーンにするかで対立している。

 ピレリは、涼しい環境で表面化しにくい様々な問題の洗い出しには、バーレーンの暑い気候が必要だと主張している。

 そうした中でホーナーが妥協案を示した。

「シーズン初めの4レースでいえば、メルボルンはかなり気温が低いだろうし、中国も当然寒い。バーレーンは夜のレースで、ロシアも比較的涼しくなるだろう」

「そう考えると、シーズン中にバルセロナでテストするよりは、バーレーンのレース(4月16日)の後、装備やスタッフがサーキットに残って行うのがより賢明な策だろう」

 ウイリアムズのチーフテクニカルオフィサー、パット・シモンズによれば、チームは「シーズン前に中東に行くことには絶対反対」だが、彼自身の考えではホーナーの提言は「とても理にかなっている」という。



「バーレーンは(テストに関して)最高のコースとまでは言えないが、そこで(レース後にテストを)行うことは問題ない」とシモンズは語った。

「費用もかからないし、最初の数レースでは定められたタイヤを使うからね」

「オーストラリアはミディアム、ソフト、スーパーソフトだ。もしピレリがハード、ミディアム、ソフトにしたければそれでも構わない。全チームが同じ条件なのだから」



「問題は、プレシーズンテストを(バーレーンで)行うと40万ポンド(約5000万円)の追加費用がかかることだ。メルセデスやフェラーリにとっては大した額でなくても、我々にとっては莫大な支出となる」

 ホーナーは、ピレリがバーレーンテストのプレシーズン実施にこだわるならば、彼らが相当な費用を負担をすべきだと主張する。

「実際、とても単純なシナリオだ。ピレリが自分たちのために我々に暑い気候のバーレーンでのテストをさせたいなら、彼らが費用を負担すべきだ」と付け加えた。

「それでなくても我々は(タイヤ開発テスト用の)車両を作って、今走らせている」

「各チームにかかる費用は、ロジスティクスに応じて30万から75万ポンド(約3800万円から9500万円)となる。バルセロナで3月にテストすることに何の問題もないのに、こうした費用をチームに負担させるのはフェアではない」

 一方、F1で毎シーズン7000万ポンド(約89億円)という多額の支出を行っているピレリは、F1にすでに大きな貢献をしているとして、この追加費用を支払う必要はないと考えている。

 ホーナーは「では『バーニー(・エクレストン)が払うのか?』と問えば、答えは明白だ。つまり、我々は皆バルセロナに行く、ということだ」と語った。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/17(月) 8:13

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]