ここから本文です

WRCスペイン:オジエが4年連続の栄冠。2戦を残してタイトル獲得

オートスポーツweb 10/17(月) 16:28配信

 世界ラリー選手権(WRC)第11戦スペインは16日、全行程を終了。前日にトップに立ったセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が優勝し、4年連続でシリーズタイトルを獲得した。

 オジエは16日最初のステージ、SS16でステージトップタイムを記録。後続を突き放すと、その後も安定したペースで走行し、最終的に2番手以下に15.6秒のギャップをつけ、WRCで通算37回目の勝利を手にした。

 また、選手権争いを繰り広げていたアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が15日のクラッシュで姿を消したため、オジエは今季2戦を残してシリーズタイトルを獲得。WRC4連覇を達成している。

「今年は苦戦も強いられたけど、最高の結果だ」とオジエ。


「今年もシリーズ最終戦前にチャンピオンになることができて嬉しい。これ以上ないくらい嬉しいよ」

「去年のラリー・スペインでは、最終ステージでクラッシュしている。ステージを走る前には、その悪夢が脳裏をよぎったけれど、しっかり完走できて一安心だ」

 総合2位は地元スペイン出身のダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)が獲得。ソルドは競技2日目に総合首位を奪う快走をみせたが、3日目に入るとマシンのアンダーステアに苦戦。オジエにポジションを奪われてしまった。



 ソルドは最終日での逆転を目指したが、オジエのペースに叶わず。それでも、母国ラウンドで今季ベストリザルトとなる2位を手にしてみせた。


 ティエリー・ヌービルとヘイデン・パッドンのヒュンダイ勢による総合3位争いは、ヌービルに軍配。ヒュンダイが表彰台2位・3位を獲得している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/17(月) 16:31

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。