ここから本文です

不嶋氏が無投票再選 七尾市長選で23年ぶり

北國新聞社 10/17(月) 2:58配信

 任期満了に伴う七尾市長選は16日告示され、現職の不嶋豊和氏(67)=無所属、1期、鵜浦町=以外の立候補の届け出はなく、不嶋氏の無投票再選が決まった。同市長選では、旧七尾市時代を含めて、23年ぶりの無投票となった。

 不嶋氏は、七尾市北藤橋町の選挙事務所で支持者や石川県内各市町の首長、県議らから祝福を受け、「次の4年間は七尾にとっても、能登にとっても大変大事な4年間であり、魅力あるまちづくりを目指して頑張っていきたい」と、2期目へ抱負を語った。

 不嶋氏は6月の市議会定例会で出馬を表明した。これまで、国や県と連携した市政運営を行い、財政健全化や交流人口の拡大、学校の再編整備などに取り組んだ。垣内武司市議会議長が選対本部長を務め、市議21人(欠員1人)のうち公明、共産を除く19人が選対役員に就いたほか、市町会連合会や県商工政治連盟能登鹿北支部、七尾鹿島建設業協会などの推薦を受け、支持を固めた。

 不嶋氏の新しい任期は11月7日から4年間。当選証書付与式は10月25日、市役所で行われる。

北國新聞社

最終更新:10/17(月) 2:58

北國新聞社