ここから本文です

曇空にミカンの彩り 金沢市の長町武家屋敷跡

北國新聞社 10/17(月) 16:12配信

 17日の石川県内は、各地でどんよりとした曇り空が広がった。温かく湿った空気の影響で、午前中の最高気温は加賀菅谷で26・4度の「夏日」を記録したほか、金沢23・0度、輪島24・6度と、9月下旬~10月上旬並みとなった。金沢市の長町武家屋敷跡では土塀を越えて枝を広げたミカンの実が黄色く色づき始め、曇天の下で精彩を放った。

 長町1丁目の民家敷地に生えたミカンの木は植栽から20年以上がたつとされ、毎年秋には土壁と黒瓦の街並みに鮮やかな彩りを添えている。この日も外国人観光客らが、たわわに実ったミカンを仰ぎ、日本の秋の情趣を感じ取った。

 日本海を低気圧が通過して上空に寒気が入り込み、県内は夜遅くから18日朝にかけて雨となる見込み。金沢気象台は金沢、かほく、内灘、白山、羽咋に高潮注意報を発令した。

北國新聞社

最終更新:10/17(月) 16:17

北國新聞社