ここから本文です

[東海]静産大はFW遠山拓民5戦連発などで首位守る、東海学園大FW畑は4ゴール:第15節

ゲキサカ 10/17(月) 10:26配信

第55回東海学生サッカーリーグ戦1部

 第55回東海学生リーグ1部の第15節が15日に各地で行われた。静岡産業大は岐阜経済大に2-1で勝利し、首位をキープ。2位の中京大が常葉大学浜松キャンパスと0-0で引き分けたため、2位以下と勝ち点3差が開いた。

 首位の座を守った。静岡産業大は岐阜経済大を2-1で下した。前半4分にFW遠山拓民(2年=甲府U-18)の5戦連続弾で先制に成功する。1-0で迎えた後半30分には途中出場のMF額賀優斗(2年=桐生一高)が前節に続くゴールを記録。同34分に1点を返されたが逃げ切った。

 2位の中京大と4位の常葉大学浜松キャンパスの上位対決はスコアレスドロー。常葉大浜松は勝利すれば、3位浮上の可能性もあったが、互いに勝ち点1を加えると順位は変わっていない。

 3位の東海学園大は名古屋商科大に5-0の快勝。V・ファーレン長崎の特別指定選手でもあるFW畑潤基(4年=東海学園高)が4得点の大活躍。15試合を終えて、今季通算27得点で得点ランキングトップを独走している。

 静岡大は中部大に6-1で快勝した。FW内海徹也(3年=川和高)がハットトリックすれば、MF古川由(4年=名東高)は2得点の活躍。前半16分に先制されたが、そこから一気に6得点を奪っての逆転勝利。6位から5位へ順位を上げた。

 愛知学院大は名古屋経済大に3-1で勝利した。前半を2-0で終え、後半14分には1点を返された。それでも後半31分に来季の川崎フロンターレ入団が内定しているFW知念慶(4年=知念高)がダメ押しの3点目。勝利を手にしている。

結果は以下のとおり

静岡大 6-1 中部大
[静]内海徹也3(34分、45分、67分)、古川由2(50分、89分)、小川拓(90分)
[中]齋藤優貴(16分)

中京大 0-0 常葉大学浜松キャンパス

静岡産業大 2-1 岐阜経済大
[静]遠山拓民(4分)、額賀優斗(75分)
[岐]和田直樹(79分)

東海学園大 5-0 名古屋商科大
[東]畑潤基4(10分、48分、63分、77分)、萩野智明(71分)

愛知学院大 3-1 名古屋経済大
[愛]渡邊和馬(4分)、林亨征(30分)、知念慶(76分)
[名]貫井拓也(59分)

■順位表
1.静岡産業大(36)+22
2.中京大(33)+15
3.東海学園大(32)+45
4.常葉大学浜松(29)+16
5.静岡大(22)+2
6.岐阜経済大(21)+1
7.愛知学院大(16)-5
8.名古屋経済大(9)-25
9.名古屋商科大(9)-26
10.中部大(5)-45

▽得点ランキング
1位:27点
畑潤基(東海学園大)
2位:13点
大野耀平(常葉大浜松)
古川由(静岡大)
4位:12点
知念慶(愛知学院大)
5位:11点
遠山拓民(静岡産業大)
6位:9点
谷口海斗(岐阜経済大)
内海徹也(静岡大)

最終更新:10/17(月) 10:28

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]