ここから本文です

[関東]日本体育大は国士舘大に3発勝利で2位浮上!MF川戸が1G1AにOG誘発

ゲキサカ 10/17(月) 11:13配信

[10.15 第90回関東大学リーグ1部第18節 日本体育大3-0国士舘大 江戸陸]

 第90回関東大学サッカーリーグ戦1部の第18節が15日に各地で行われた。4位の日本体育大は最下位の国士舘大と対戦し、3-0で勝利した。MF川戸大樹(4年=神戸U-18)が1得点1アシストに加え、FKでオウンゴールを誘発するなど全得点に絡む活躍をみせた。

 前節の明治大戦(1-2)で後期リーグ初の黒星を喫した日本体育大。3位から4位へ順位を下げて迎えた今節は、最下位に沈む国士舘大と対戦した。立ち上がりに連続でチャンスを迎えたが、ゴールネットを揺らすことはできず。その後は守備の時間が続く。

 前半2分にはDF原田亘(2年=星稜高)の右クロスにFW平川元樹(2年=札幌U-18)が飛び込むも、わずかに合わない。同6分には左クロス飛び込んだ平川がヘディングシュートを打つがクロスバー上へ外れていった。

 対する国士舘大は中盤での安易なミスが続き、なかなか流れをつかめない。前半10分には後方からのボールでDFンドカ・ボニフェイス(3年=浦和東高)に競り勝ったFW松本孝平(4年=藤沢清流高)が頭で落とし、拾ったMF本間達耶(3年=遠野高)がPA右からシュートを打つも枠を外れた。その後もGK長谷川洸(3年=東京Vユース)の好セーブにあうなど、ゴールは遠い。

 すると前半36分に試合は動く。耐える時間の続いていた日本体育大がサイド攻撃を実らせ、ゴールネットを揺らした。右サイドから仕掛けたMF川戸大樹(4年=神戸U-18)がPA内右でボールキープ。折り返しを受けたMF高井和馬(4年=千葉SCユース)が切り返しから左足シュートをゴール右へ突き刺した。日本体育大が1-0と先制に成功する。

 前半のうちに追いつきたい国士舘大は前半41分に左サイドから仕掛けたMF荒木翔(3年=日本航空高)のパスから、最後は松本がシュートを打つも力なくGKに止められた。日本体育大の1点リードで前半を折り返す。

 迎えた後半、先にチャンスをつくったのは国士舘大。後半6分、左サイドから荒木のFK。ファーサイドのDF附木雄也(4年=八千代高)が折り返し、最後は松本が頭で狙うもわずかに逸れる。その後に本間が左膝を負傷し、担架でピッチを後にした。代わって、FW大石竜平(2年=清水桜が丘高)が入る。

 追加点を目指す日本体育大は、攻勢を弱めることなく仕掛けた。後半8分には左サイドから仕掛けた平川の折り返し。ゴール前で待ち構えていた川戸のシュートはDF附木に背中でブロックされた。同14分には川戸の右CKからファーサイドでンドカ・ボニフェイスが飛び込むも、ファウルの判定。2点目は生まれない。

 後半20分には最初のカードを切り、FW太田修介(3年=甲府U-18)に代わり、FW里見直樹(2年=大宮ユース)を投入。同24分には攻め上がったDF高野遼(4年=横浜FMユース)が左クロス。これは風に乗ってクロスバーを叩いた。同30分には附木との競り合いで痛めた平川を大事を取る形で交代させ、FW瀧本高志(2年=履正社高)を入れる。

 そして後半31分、日本体育大がラッキーな形で追加点。右サイド遠目の位置でのFK。川戸が蹴り入れると、ゴール前右で飛んだDF八木沢丸位(4年=日大藤沢高)の頭に当たったボールはゴールネットへ吸い込まれた。オウンゴールで差を広げた日本体育大は後半39分にMF小泉将来(4年=FC東京U-18)に代わり、MF輪笠祐二(3年=FC東京U-18)を入れる。

 そして後半40分には前がかりになった国士舘大の隙を突いて、ダメ押しの3点目。高野の左クロスからゴール前へ飛び込んだ川戸が頭で合わせて、ゴール右へ決めた。そのまま試合は終了。日本体育大が3-0の完封勝利を飾った。

 翌16日に行われた試合で2位の筑波大が0-1で順天堂大に敗れ、3位の法政大も流通経済大に1-2で敗戦。この結果、勝ち点30に伸ばした日本体育大は4位から2位へ浮上。敗れた国士舘大は4戦ぶりの黒星で最下位のままとなっている。

最終更新:10/17(月) 23:14

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。