ここから本文です

これがうちの新太鼓台 半世紀ぶり新調お披露目

愛媛新聞ONLINE 10/17(月) 11:13配信

 愛媛県の四国中央市伊予三島地域の秋祭りを前に、中之庄町の中之庄太鼓台が約半世紀ぶりに新調、地元公民館で16日、お披露目の式典があった。地域の新たな財産の完成を、住民ら約200人が祝った。
 同太鼓保存会によると、新調した太鼓台は高さ5.4メートル、幅3.2メートル、かき棒の長さ12メートルで、重量は2.2トン。太鼓は2尺5寸の長胴で、近辺では最大規模という。金色に輝く掛け布団は全体に厚みをもたせ、飾り幕は今年の祭り後に補修する予定。彫刻は県伝統工芸士の石水信至さん(西条市)が施した。
 伊予三島地域の秋祭りは20~23日。三島地区では22日に統一寄せ、23日は夜太鼓運行がある。

愛媛新聞社

最終更新:10/17(月) 11:13

愛媛新聞ONLINE