ここから本文です

イタリア、約10年ぶり大規模銀行合併を株主承認-業界再編はまだ途上

Bloomberg 10/17(月) 9:03配信

イタリアの銀行バンコ・ポポラーレとポポラーレ・ディ・ミラノ銀行(BPM)の合併を株主が15日了承した。国内銀行業界で約10年ぶりの大規模合併で、規制当局や投資家、レンツィ首相が促す銀行業界再編プロセスの第一歩となる。ただ、政治制度改革や資本基準の強化、不良債権といった多くの課題が残されており、他の銀行同士の統合は当面進みそうにない。

レンツィ首相は比較的体力の弱い国内行に財務強化のための統合を促しつつ、合併阻害要因だった株式保有と議決権に関する制限撤廃措置を推し進めたものの、今後の統合進展は鈍そうだ。主要銀行のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナは生き残りを賭けて再建途上であるほか、同首相の将来が12月に実施する政治改革をめぐる国民投票の結果にかかっている。

ブローカーディーラー、マルツォットのヤコポ・セッカテッリ最高経営責任者(CEO)は「モンテ・パスキや脆弱(ぜいじゃく)な銀行、国民投票が向こう数カ月は業界全体への重しとなり、再編プロセスは鈍化するだろう」と話した。

原題:Italy’s Biggest Bank Merger Since 2007 Wins Investor Backing(抜粋)

Sonia Sirletti, Alessandra Migliaccio

最終更新:10/17(月) 9:03

Bloomberg