ここから本文です

資産家マローン氏:米企業による英企業買収加速か-英EU離脱選択で

Bloomberg 10/17(月) 12:52配信

米メディア企業リバティ・メディアの会長で資産家のジョン・マローン氏は、英ポンドの下落で米企業による英企業の買収が加速する可能性があるとの見方を示した。

英国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択されて以降、ポンドは約18%下落。先週の下げにより、ポンドは10月に月間ベースでドルに対し約6%下落した。

マローン氏(75)は電話インタビューで「一部の企業は米国のドル建て投資家にとって非常に割安に見えている。米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社か企業がポンドは底入れしたと考える局面で、彼らによる合併・買収(M&A)がかなり活発化しても驚かないだろう」と述べた。

マローン氏は、同氏とそのチームは国民投票の余波に「大きな関心を寄せている」と説明。「こうした状況がいずれ釣り合うようになると考えているなら、レバレッジと投資が行き過ぎていない限り、当面企業が割安になれば、投資を増やす好機だ」と語った。ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、同氏の資産評価額は79億ドル(約8200億円)。

原題:Billionaire Malone Says Brexit May Prompt U.S. Wave of Takeovers(抜粋)

Peter Flanagan

最終更新:10/17(月) 12:52

Bloomberg