ここから本文です

ボストン連銀総裁:米経済は既にホットな労働市場に向かっている

Bloomberg 10/17(月) 13:01配信

ボストン連銀のローゼングレン総裁は15日、米金融当局の緩和策の結果、国内経済は既に十分な活況を呈しており、自身が推計する持続可能な最低水準よりも失業率の改善が進み、当局が掲げる2%のインフレ目標に到達する方向にあるとの考えを示した。

完全雇用状態の失業率を4.7%とみるローゼングレン総裁は、ボストン連銀主催の会議後にインタビューに応じ、「われわれ自身の予想では、完全雇用をめぐる私の推計を超えるという、合理的な可能性がある」と指摘。「それは実際、もう少し経済の活況の度合いを強めることに一致する」と語った。

同総裁は、こうした戦略が一層多くの人々を労働力として回帰させるのに寄与したとしつつも、あまりにも長く推し進めればインフレ高進や資産価格バブルを引き起こすリスクがあり、そうなれば米金融当局が「私の望むよりも一段と急速な引き締めを迫られることになる」と論じた。

ローゼングレン総裁(59)は、労働市場のオーバーシュートを容認した場合よりも、早めに金融引き締めに動いた方がもっと長期間にわたって完全雇用に近い状態を保つのに資するとし、「われわれが完全雇用と考える近辺で安定させ、基本的にそこに維持するのが望ましい」と話した。

同総裁は10-12月(第4四半期)の米経済成長率が年率2.5%に達すると予想。「労働市場の引き締まりが続くのに十分なペースの成長が見込まれ」、2017年末までに「インフレ率は当局目標の2%ちょうどではないにしても、2%に極めて近づくことになるだろう」との見通しを示した。

同総裁は、11月の米大統領選がどのような展開となるかは予想しなかったものの、次期政権と新議会が財政刺激策で合意できれば、米金融当局は経済成長を支えるために金利を超低水準に据え置く必要がなくなるかもしれないとコメントした。

原題:Fed’s Rosengren Says Economy Already Headed for Hot Labor Market(抜粋)

Craig Torres, Christopher Condon

最終更新:10/17(月) 13:01

Bloomberg