ここから本文です

BofA7-9月、7.3%増益-債券トレーディング収入が大幅増

Bloomberg 10/17(月) 20:13配信

資産規模で米2位の銀行バンク・オブ・アメリカ(BofA)の7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比7.3%増益となった。債券トレーディング収入がアナリスト予想を上回ったほか、費用が減少した。

17日の発表によると、純利益は49億6000万ドル(約5160億円、1株当たり41セント)と、前年同期の46億2000万ドル(同38セント)から増えた。会計調整を除いたベースの1株利益は42セントで、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の33セントを超えた。

BofAは金融危機後に不良化した住宅ローンをめぐる訴訟などの負担が峠を越えた。年央以降に債券トレーディング回復の追い風もあり、第3四半期は主要4事業全てで増益となった。

収入は3.1%増の216億ドル、費用は3.3%減り135億ドルとなった。

債券トレーディング収入は39%増の27億7000万ドルとなり、アナリスト予想平均の22億ドルを超えた。一方、株式トレーディング収入は17%減の9億6000万ドルで、予想の12億ドルに届かなかった。

原題:Bank of America Profit Rises 7.3% on Cost Cuts, Bond Trading(抜粋)

第2段落に加筆し第3、4段落を追加します.

Laura J Keller

最終更新:10/17(月) 21:36

Bloomberg