ここから本文です

最近10戦でトップ10率「9割」!好調の笠りつ子が世界46位に

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/18(火) 8:27配信

17日付けの女子世界ランクが発表された。国内女子ツアー「富士通レディース」を制した22歳の松森彩夏は、前週175位から52ランクアップの123位に浮上。「富士通-」を2位で終えた笠りつ子が4ランクアップの46位となり自己最高位を更新した。

【画像】人気急上昇!モデル系ゴルファー松森彩夏のフォトギャラリー

今週は惜しくも優勝に届かなかった笠だが、最近の出場10戦で「9度」のトップ10フィニッシュ(2勝含む)と好調で、日本ツアーでは現在最も安定感のある選手。シーズンを通じて上位でプレーしており、2016年1月からだと60ランク上昇し、日本勢2番手となっている。

日本勢トップは、前週の米国女子ツアー「LPGA KEB・ハナバンク選手権」で18位に終わった野村敏京で世界20位。野村、笠に続く日本勢3番手は、前週出場がなくランキングを2つ落とした鈴木愛で世界49位。

米ツアー勢は、「KEB・ハナバンク選手権」」を制したカルロタ・シガンダ(スペイン)が14ランクアップの世界23位に浮上。大会13位でフィニッシュしたレクシー・トンプソンが、大会56位に終わったブルック・ヘンダーソン(カナダ)と入れ替わり、世界4位となった。

最終更新:10/18(火) 8:27

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています