ここから本文です

【香港】韓国系IT企業、香港でIoT市場開拓へ

NNA 10/18(火) 11:30配信

 韓国系ITソリューション、フューチャー・データ・グループは、近く香港事務所を開設する考えだ。早ければ来年上半期(1~6月)にも事業を本格的に開始し、モノのインターネット(IoT)などのITソリューションを手掛ける。17日付大公報が伝えた。
 まずは香港市場向けにIoTなどの各種ソリューションを提供する。市場では2020年までに世界のIoT市場が1兆2,000億米ドル(約125兆円)に達すると予想されており、香港を足掛かりにアジア太平洋地区での事業展開を視野に入れている。
 フューチャー・データは公共事業向けのネットワークやクラウドコンピューティングの構築などを強みとする。マレーシア・クアラルンプールの地下鉄向けに監視システムを納入した実績も持つ。今年7月に香港取引所(HKEX)の新興企業向け市場(GEM)に上場した。16年6月中間期決算の純損益は530万HKドル(約7,100万円)の赤字で、上場前の費用がかさんだ。

最終更新:10/18(火) 11:30

NNA