ここから本文です

オリオン座流星群、10/21未明からピーク…前後4-5日も観察チャンス

リセマム 10/18(火) 12:15配信

 オリオン座流星群が10月21日、活動のピークを迎える。2016年は、月が明るいため条件はよくないが、前後4~5日間の未明は観察チャンスがある。10月21日夜には、国内3か所からオリオン座流星群を生中継する特別番組も放送される。

オリオン座流星群の「流星見えるかなマップ」

 オリオン座流星群は、ハレー彗星を母天体とする流星群。国立天文台によると、2006年に突然1時間あたり60個以上、観測者によっては100個を超える流星数が観察され、にわかに注目されるようになった。

 アストロアーツでは、観察チャンスについて「10月21日の未明から明け方、もしくは22日の未明から明け方」と解説。下弦前の月が夜空を照らしているため流れ星は見えにくく、条件のよいところでも1時間あたり10個未満程度と予想している。また、国立天文台の10月のほしぞら情報では、「見頃は前後4~5日間の未明。1時間に3個程度」としている。

 ウェザーニュースが10月17日に更新したオリオン座流星群の「流星見えるかなマップ」によると、10月21日夜は北陸から東北までの広いエリアで「バッチリ見える」と予想されている。ただ、関東から静岡にかけては、雲が広がりやすく、雲の隙間からの観察になりそうだという。

 最新のマップは、「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」、またはウェザーニュースのWebサイト「オリオン座流星群」で随時更新される。

 10月21日23時から25時までは、全国3か所からオリオン座流星群のようすを生中継する「オリオン座流星群特別番組」も放送される。24時間生放送の天気番組「SOLiVE24」をはじめ、ウェザーニュースのWebサイト、YouTube LIVE、ニコニコ生放送、LINELIVEなどから視聴できる。

◆オリオン座流星群特別番組
放送日時:2016年10月21日(金)23:00~25:00
配信予定メディア:ウェザーニュースのWebサイト、SOLiVE24、YouTube LIVE、ニコニコ生放送、LINELIVE、Flesh by ameba、FacebookLIVE、Mキャス

《リセマム 奥山直美》

最終更新:10/18(火) 12:15

リセマム