ここから本文です

「君の名は。」台湾で先行上映…3日間で興行収入4400万円 感動呼ぶ

中央社フォーカス台湾 10/18(火) 13:05配信

(台北 18日 中央社)日本で大ヒットを記録している映画「君の名は。」。14~16日には台湾の一部の映画館で、21日の全国上映に先駆けて特別上映された。日本での人気は現地でも伝えられており、前評判を聞きつけて多くの市民らが鑑賞。3日間で1350万台湾元(約4400万円)の興行収入を記録した。

映画館では最前列もほぼ満席となる盛況ぶりに。上映後には多くの人が感動の涙を流し、「もう一度見る」と話すファンの姿もいた。

(鄭景ブン/編集:齊藤啓介)

最終更新:10/18(火) 13:05

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。