ここから本文です

『セックス・アンド・ザ・シティ』映画3作目は「かなり間近」

ぴあ映画生活 10/18(火) 12:37配信

『セックス・アンド・ザ・シティ』の映画が、また作られるかもしれない。主演でプロデューサーのサラ・ジェシカ・パーカーは、テレビ番組に出演し、3作目のアイデアは「たしかにある。決まってはいないけれど、準備をしている人がいる」と語った。

その他のニュース

オリジナルのテレビ番組は、1998年から2004年にかけてHBOで放映され、絶大な人気を呼んだ。映画1作目は2008年に公開され、北米だけで1億5,200万ドル、全世界で4億1,500万ドルを売り上げた。2010年に公開された2作目は、北米で9,500万ドル、全世界で2億8,800万ドルと1作目を下回った上、批評もかんばしくなく、3作目はもうないものかと思われていた。

パーカーは、今月HBO放映開始されたドラマ『Divorce』で、テレビに復帰したところだ。

文:猿渡由紀

最終更新:10/18(火) 12:37

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]