ここから本文です

フランスで一世を風びした伝説の黒人芸人を描く「ショコラ」特報完成

映画.com 10/18(火) 10:00配信

 [映画.com ニュース] フランスで黒人芸人として初めて成功を収めた伝説の人物の愛と涙に満ちた激動の半生を描く「CHOCOLAT(原題)」が、「ショコラ 君がいて、僕がいる」の邦題で公開されることが決定。本ポスタービジュアルと特報映像が公開された。

 20世紀初頭のフランスのエンタテインメント界で、奴隷の子どもという出自ながら、黒人芸人として初めてスターの座に上りつめたショコラと、相方の才能を信じ支え続けた白人芸人フティットの実話が初の映画化。ショコラ役を、「最強のふたり」で黒人俳優として初めてセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したオマール・シー、相方フティット役を、チャールズ・チャップリンの実孫として知られる俳優ジェームス・ティエレが演じる。

 当時、前例のなかった白人芸人と黒人芸人のコンビは、サーカスで人気を呼び、パリの名門ヌーボー・シルクの専属となって一世を風びする。しかし、ショコラは人種差別の苦しみから逃れるようにギャンブルにおぼれていく。2人の出会いから、ベル・エポックに沸くパリで大人気を博すまでをテンポよくまとめた特報映像では、息をのむパフォーマンスとコンビの絆が華々しく描き出され、本ポスタービジュアルでは、互いを支え合うようにステージに立つショコラ(シー)&フティット(ティエレ)に「俺たちは、ふたりで一つだ」というキャッチコピーが添えられた。

 「ショコラ 君がいて、僕がいる」は、2017年お正月第2弾として東京・シネスイッチ銀座ほか全国で公開。

最終更新:10/18(火) 10:00

映画.com