ここから本文です

ディズニー「美女と野獣」実写版は2017年4月公開、ビジュアル解禁

映画ナタリー 10/18(火) 7:00配信

ディズニーのアニメ「美女と野獣」の実写版が2017年4月21日より全国で公開されることが決定し、あわせてビジュアルも解禁された。

1992年に日本公開された「美女と野獣」は、第64回アカデミー賞でアニメ映画史上初の作品賞候補となり、作曲賞と歌曲賞を受賞。父の身代わりとして野獣の城に捕らわれの身となったベルが、次第に野獣と惹かれ合っていくさまをミュージカルナンバー満載で描く。

アニメーション公開から25周年という節目の年に上映されるこの新たな「美女と野獣」でメガホンを取るのは、「シカゴ」の脚本や「ドリームガールズ」を手がけたビル・コンドン。知性にあふれたヒロインのベルに「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン、野獣に「ザ・ゲスト」のダン・スティーヴンスが扮するほか、ベルに結婚を迫るガストン役で「ハイ・ライズ」のルーク・エヴァンスもキャスティングされている。

解禁されたビジュアルは、雪が舞う中、ガラスケースの中に一輪の深紅のバラが咲いているもの。物語の重要なアイテムとなるバラが印象的なビジュアルを楽しみながら、続報を待とう。



(c)2016 Disney. All Rights Reserved.

最終更新:10/18(火) 7:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]