ここから本文です

個性派デシャンボーが日本初参戦 池田勇太は地元で3勝目なるか

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/18(火) 12:46配信

◇国内男子◇ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 事前情報◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇7119yd(パー71)

【画像】こんな顔できるプロなかなかいない!デシャンボーの魅力とは?

今年で第45回を迎える大会は、海外から2人の招待選手がホストプロとして出場する。米国ツアー通算8勝のブラント・スネデカーと、アマ時代に輝かしい実績を残し今年4月にプロ転向したブライソン・デシャンボー。今季米国ツアーをルーキーとして戦う23歳のデシャンボーは日本ツアー初参戦で、予選ラウンドは前年大会2位の堀川未来夢、宮里優作と同組でプレーする。

国内勢の注目は前週の「日本オープン」を2位タイとし、賞金ランク1位に浮上した池田勇太だ。会場の袖ヶ浦カンツリークラブは、幼いころから慣れ親しむ地元コース。過去には2009年、10年と大会連覇を飾っており、惜敗した前週の雪辱を果たすには絶好の舞台となる。

ディフェンディングチャンピオンは松村道央。主催のブリヂストン契約プロは宮本勝昌、近藤共弘、今季1勝の片岡大育らが出場する。また、米国ツアーの出場権(2016-17年シーズン)を逃した岩田寛とキム・キョンテ(韓国)が日本の戦線に復帰する。

今大会の優勝者には、2017年8月に開催される世界ゴルフ選手権「WGCブリヂストン招待」の出場権が与えられる。

【主な出場予定選手】
松村道央、池田勇太、今平周吾、岩田寛、大堀裕次郎、尾崎将司、小田孔明、小田龍一、片岡大育、片山晋呉、川村昌弘、キム・キョンテ、小平智、近藤共弘、谷口徹、谷原秀人、時松隆光、藤田寛之、宮里優作、宮本勝昌、ブラント・スネデカー、ブライソン・デシャンボー、亀代順哉(アマ)、比嘉一貴(アマ)

最終更新:10/23(日) 19:37

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]