ここから本文です

実在したフランス初の黒人芸人と白人芸人のコンビ愛描く「ショコラ」公開

映画ナタリー 10/18(火) 10:00配信

フランス初の黒人芸人と彼を支えた白人芸人のコンビ愛を描いた「ショコラ ~君がいて、僕がいる~」の公開が決定し、特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

20世紀初頭のフランスを舞台にした本作は、奴隷の子として生まれた黒人のショコラが人種差別の標的となりながらも、相方の白人芸人フティットとともに活躍していくさまをつづるヒューマンドラマ。ショコラとフティットは実在の芸人で、彼らはトゥールーズ=ロートレックの絵のモチーフとなり、映画の祖・リュミエール兄弟の作品にも出演している。

ショコラを「最強のふたり」でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したオマール・シーが演じ、フティットにチャールズ・チャップリンの実孫であるジェームズ・ティエレが扮した。共演にはクロティルド・エスム、オリヴィエ・グルメの名が並ぶ。監督を務めるのは「チャップリンからの贈りもの」などで俳優としても活躍するロシュディ・ゼム。YouTubeで公開された特報映像では、ショコラとフティットがコンビを組み、観客に笑いをもたらしていくさまがテンポよく描写されている。

「ショコラ ~君がいて、僕がいる~」は、2017年正月第2弾作品としてシネスイッチ銀座ほか全国でロードショー。



(c)2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Film

最終更新:10/18(火) 10:00

映画ナタリー