ここから本文です

水素で走る船が東京湾に、燃料電池船の2020年実用化を目指す

スマートジャパン 10/18(火) 7:10配信

 政府が掲げる水素社会の実現に向け、燃料電池車(FCV)の普及拡大や水素ステーションの整備が進んできた。さらにこうした水素を燃料とする移動体を、海上でも実現しようという動きが広がっている。

 国土交通省の海事局では「2020年の東京オリンピック・パラリンピック」開催時期をめどに、水素で動く燃料電池船の実現に向けたガイドラインの策定を進めているところだ。このガイドライン策定に向け、2016年10月上旬から東京都で実際の燃料電池船を使った実証試験が始まった。

 実証の実施主体は東京海洋大学と野村不動産グループのNREG東芝不動産。東京海洋大学は2010年から急速充電に対応する電池推進船「らいちょう」シリーズの開発に取り組んでおり、これまでに3隻を建造してきた実績がある。NREG東芝不動産は水素技術の情報発信および舟運の活性化などを目的に、東京都港区芝浦一丁目地区において国家戦略特区を活用した大規模再開発を目指し行政協議を行っているところだ。両社は2020年に水素燃料電池船の実運用を目指し、2015年から共同研究を行っている。

 今回、新たに始まった実証試験で使用しているのは、らいちょうシリーズ3船目となる「らいちょうN」に改造を加え、東芝製の水素燃料電池を追加搭載した実証船だ。長さ12.6メートル、重量9トンの船で、リチウムイオン電池と燃料電池を搭載している。

時速20kmで航行

 改造したらいちょうNに搭載した燃料電池は、定置用固体高分子膜形燃料電池。出力3.5kWのものを2基搭載した。リチウムイオン電池は容量13.2kWh(キロワット時)のものを11個、合計145kWh搭載している。これらの電力を活用し、45kWの推進用電動機を2基使って運航する仕組みだ。

 このらいちょうNは満載時で、最大約11ノット(時速約20.37キロメートル)で運航することができる。今回の実証のために、日本小型船舶検査機構から水素燃料電池塔載状態での航行の認可を受けた。

 実証では東京都江東区の東京海洋大学から半径10海里(18.52キロメートル)以内を航行し、実運用船の建造を視野に入れながら、海上での使用における課題抽出を行っていく。この実証で得られた成果は、国土交通省が策定を進めている燃料電池電池船の安全ガイドラインに活用される予定だ。

最終更新:10/18(火) 7:10

スマートジャパン