ここから本文です

【台湾】シリコンバレーのVC、台湾の医療産業に投資

NNA 10/18(火) 11:30配信

 米シリコンバレーのベンチャー・キャピタル(VC)が、台湾の医療産業に注目している。17日付工商時報によると、医療機器産業系のVC、米インセプトは19日、新興の医療機器メーカー、台湾生医材料と包括的な協力協定を交わす予定。埋め込み型医療機器、とりわけ脳神経外科と心臓カテーテル手術の分野で協力するという。
 契約のため台湾を訪れるインセプトのトップは滞在中に、医療機器の益安生医や医療系VCの上智生技創業投資のトップとも会談するなどし、台湾での新たなビジネスチャンスを探るという。
 台湾出身の在米華人が設立したバイオ産業系VCのVivoも、台湾での投資を活発化している。昨年末に中国の台湾系企業で抗がん剤を手掛ける東曜薬業の株式の21%を4億5,700万台湾元(約15億円)で取得し、第2の株主になったほか、今年初めには政府系ファンドの行政院(内閣)国家発展基金(国発基金)と共同で1億米ドル規模の基金「Vivo PANDA」を設立。すでに5社に投資している。

最終更新:10/18(火) 11:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。