ここから本文です

インスタントジョンソン単独直前インタビュー「来ないと観られませんので、どうぞみなさん、よろしくちゃ~ん」

リアルライブ 10/18(火) 15:54配信

 週末に単独ライブ『三つ編み』を開催するインスタントジョンソン。およそ90分の、オール新ネタライブ。本番を直前に控えたじゃい、スギ。、ゆうぞうに迫った。(伊藤雅奈子)

 --本番まで1週間をきりましたが、仕上がりのほどは?
 
 じゃい「この記事の掲載が直前なら、10割」

 ゆうぞう「今だったら?」

 じゃい「5割(笑)。えっ、みんなはどうなの? 『せ~の』で行きましょうか。せ~のっ!!」

 3人「(そろって)5割っ!! アッハッハ(笑)」

 じゃい「ちょっと焦りはあるよね。例年なら、もうちょっとセリフが入ってた気がするもん。2週間前には、飽きてたぐらいで」

 スギ。「年齢もあるんだろうね。物覚えの」

 ゆうぞう「3人で合わせられる時間がなかったっていうのもあるけど」

 スギ。「だからね、今回は完成しないかもしれない(笑)。みなさんには、完成したかどうかを確認しに来てほしいです」

 --アラフォー芸人としては、記憶力の低下は否めない?

 スギ。「それはね、実生活で感じてますよ。アレが出てこないんですよね、言葉が」

 ゆうぞう「その言葉が、出てきてない(笑)」

 スギ。「この前なんか、“電車”が出てこなかったから。『ほら、長いアレで、あのー、連なったやつで…』みたいな。もしかしたら、ちょっとした病気かもしれない」

 ゆうぞう「(じゃいを指して)この人なんて、自分の名前が出なかったから。俺を指して、『じゃい』って(笑)」

 スギ。「でも、セリフを覚えられなくてスベっても、スベったことを忘れるんで、大丈夫でしょ。なんの問題もない。覚えるピッチも遅く、記憶力も鈍っている3人組が、土・日で3公演をやる。どうか、同情の目で見ていただいて」

 --それでも単独公演を続ける原動力ってなんでしょう。

 スギ。「僕は、子どもですね。2歳なんですけど、ハッキリと子どもがチラついたのはあります。お父さんがいろんな人から、『楽しかった』といわれるものを作っていこうと、それで仕事を増やしていこうという考えがあるんで」

 ゆうぞう「僕は、“キングオブコント”じゃないですか。決勝に行けてないんですよ、第1回目からこの前の9回目まで、ずっと準決勝戦で止まってるんです。最近は審査方法が変わりましたけど、初期のころは、準決勝の組は決勝戦のネタをスタジオで審査するという、あの立場でずーっと観てきたんで。決勝の舞台に出るにはって考えたら、ネタをやり続けるしかない。ほかにいるんですかね、“キングオブコント”9年連続準決勝敗退って芸人」

 じゃい「僕ら、ネタにすごい助けられてきたんですね。ネタでテレビに出させてもらって、地方を周って、お客さんが笑ってくれたっていう、そんな20年だったんで、ネタを見捨てるわけにはいかないんです。ずっと“ネタさん”のお世話になってるんで、これからも、最後までネタさんの面倒を見ようと」

 ゆうぞう「そうだよね。そこは、大事にしたいよね」

 --では、最後にPRを。

 スギ。「今回もオール新ネタで、9本用意してます。幕間の映像ネタもありますんで、1時間弱、笑いっぱなしになると思います」

 ゆうぞう「DVDになる予定はないので、来ないと観られませんので、どうぞみなさん、よろしくちゃ~ん」

 じゃい「ネタは僕が書いてるんですけど、全部がA5ランク。自信があります。あと、会場に来た人だけが見られる、すごい人からの花がありますんで」
 
 スギ。「それ、ホンマでっか!?」

【プロフィール】じゃい(左から) ’72年3月生まれ、神奈川県出身。ギャンブルの腕はホンモノ/スギ。’72年7月生まれ、東京都出身。リーダー/ゆうぞう ’71年9月生まれ、神奈川県出身。長年の持ちギャグは「おつかれちゃ~ん」/1997年結成。
インスタントジョンソン単独ライブvol.6「三つ編み」は10月22日(土=18時開場、18時半開演)、23日(日=13時開場、13時半開演/17時開場、17時半開演)。前売2,500円、当日3,000円。会場は東京・新宿シアターモリエール。

最終更新:10/19(水) 11:50

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]