ここから本文です

北朝鮮の金正恩氏、11日ぶりに公開活動

WoW!Korea 10/18(火) 10:12配信

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が眼科病院視察で11日ぶりに公の場に姿を現した。

 18日、朝鮮中央通信は「金正恩同士が新たに建設された柳京眼科総合病院を現地指導した」と報道した。

 金委員長はこの日「設計も上手くいき、施工も最高の水準」と述べた。続けて「党の意図通り、設計単位、施工単位、運営単位の間の3者合意を強化しながら建設した結果、美学性、利便性、実用性が徹底的に保障されたけちをつけるところがない医療奉仕基地が建設された」と満足した。

 金委員長は、病院運営準備をさらに着実にして10月末に開院式を行い、11月1日から運営を始めるようと指示していた。

 通信は柳京眼科総合病院について「4階建ての外来病棟と8階建ての入院病棟などからなり、様々な眼鏡を矯正、制作して奉仕する眼鏡店まで兼ね備えた現代的な医療奉仕基地」と説明した。金委員長はことし5月に病院の建設現場を視察、労働党創建記念日である10月10日までに完成させるよう指示していた。

 金委員長のこの日の視察には労働党のチェ・リョンヘ中央委員会副委員長とチェ・テボク最高人民会議議長などが同行した。

 一方、金委員長の今回の公開活動は去る7日、工場訪問以降、11日ぶりである。この期間、金委員長は労働党創建記念式はもちろん、去る17日、打倒帝国主義同盟結成 90周年行事にも姿を現しておらず、痛風などの健康をめぐる疑惑が出ていた。

最終更新:10/18(火) 10:12

WoW!Korea