ここから本文です

クリエーションライン、米Hortonworksとパートナー契約

BCN 10/18(火) 15:50配信

 クリエーションライン(安田忠弘代表取締役)は10月17日、米Hortonworksとパートナーシップ契約を結び、日本国内で製品やサービスを提供すると発表した。具体的には、Apache Hadoopディストリビューション「Horton Data Platform(HDP)」と、データオーケストレーションツールのApache NiFi、ストリーミング処理ツールのApache KafkaやApache Stormのディストリビューションで、データフローマネジメントツールなどを含む「Horton Dataflow(HDF)」でサブスクリプションライセンス販売とインテグレーション、サポートサービスなどを提供していく。

 Hortonworksは、YahooでApache Hadoopを開発していたエンジニアたちがスピンアウトして11年に創業した企業で、エンタープライズ向けのデータ収集、蓄積、分析プラットフォームを提供している。今回の契約でクリエーションラインは、日本国内でHDPとHDFのサブスクリプションライセンス販売や保守サポート、HDPとHDFの導入支援コンサルティング/トレーニングサービス、導入インテグレーションサービスを提供するとともに、HDPとHDFを活用したデータ分析サービスを提供する。

 今後についてクリエーションラインでは、Hortonworksとのパートナーシップを生かし独自の解析技術、フレームワークをHDPやHDFと組み合わせ、クラウドプラットフォームサービス上でユーザーに新たな付加価値を提供していく方針。

最終更新:10/18(火) 15:50

BCN

なぜ今? 首相主導の働き方改革