ここから本文です

タワレコが大人世代へ“大人の音楽”を提案する〈オトナタワー〉、10月度はJUJUに決定

CDジャーナル 10/18(火) 19:49配信

 40代からの“大人世代”に向けて月毎にアーティスト1組を選出し、“大人の音楽”として店頭を中心にプッシュするタワーレコードのキャンペーン企画「オトナタワー」(tower.jp/otonatower)。今年は4月に小田和正、5月に原田知世、6月に布袋寅泰、7月に矢沢永吉、8月にはユニコーンを展開してきた同企画が、10月度は切なく涙を誘う曲を歌わせたら随一と言われる“恋愛ソングの女王”JUJUがプッシュ・アーティストに決定。10月25日(火)よりタワーレコード及びTOWERmini全店舗にて、最新アーティスト写真からの特別な1枚を使用したコラボレーション・ポスターを掲出します。

 今回は10月26日(水)にリリースを控える邦楽カヴァー・アルバム『Request』シリーズの第3弾『スナックJUJU~夜のRequest~』をフィーチャー。『Request II』から2年ぶりとなる本作には、亀田誠治、島 健、島田昌典、武部聡志、松浦晃久といった豪華プロデューサー陣が参加。先行シングルとして発表したアン・ルイス「六本木心中」、欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」のカヴァーをはじめ、高橋真梨子「桃色吐息」、梓みちよ「二人でお酒を」、大橋純子「シルエット・ロマンス」、テレサ・テン「つぐない」、五輪真弓「恋人よ」など、JUJUに相応しい昭和歌謡の世界観を持つアダルトな楽曲をラインナップ。「ロンリー・チャップリン」では“本家”の鈴木雅之を迎えてのデュエットを披露しています。

 10月10日の“JUJUの日”には恒例のカヴァー・ライヴ企画〈JUJU苑〉のスペシャル版として国立代々木第一体育館を舞台に世界最大のスナック〈スナック JUJU〉を“開店”し、鈴木雅之、沢村一樹、萬田久子らをゲストに招いて“スナックのママ”として観客を歌で大いに“酔わせた”JUJU。アルバムは一連の“スナック企画”の集大成であり、カヴァー・アルバムの新機軸を打ち立てる“スナック・アルバム”となっています。

 また、JUJUは本作のリリースを記念して、2017年5月の大阪城ホールを皮切りに〈-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU アリーナツアー2017〉の開催。7月の埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演まで、“スナックJUJU”の“ママ”として歌声を披露します。詳しくはオフィシャル・サイト(www.jujunyc.net)にてご確認ください。

最終更新:10/18(火) 19:49

CDジャーナル