ここから本文です

阪神ドラフトくじは金本監督!昨年は“勘違い”でドラマ…今年こそ会心ガッツポーズ

デイリースポーツ 10/18(火) 6:03配信

 阪神・金本知憲監督(48)が17日、20日に行われるドラフト会議での、クジ引きに関して言及。自らが務めることに少し消極的な姿勢を見せながらも、球団側は自信を持って指揮官に任せる方向だ。昨年は高山を引き当てたものの、勘違いしたヤクルト・真中監督にガッツポーズを奪われ“消化不良”。今年、1位指名方針の桜美林大・佐々木千隼投手(22)が競合となれば、昨年同様引き当てた上で、会心のガッツポーズを決める。

 劇的なドラマが起こった昨年10月22日のドラフト会議から、早いもので1年となる。10月20日、迫り来る運命の一日。阪神は競合も覚悟の1位指名に挑む。クジを引くことについて金本監督は、笑みを浮かべながら胸の内を明かした。

 「今年は運が悪いからあんまり行きたくない。運のいい人が誰か行ってくれたらいい」

 自身の今年を振り返ると、少し弱気?な思いも頭をよぎるが、いざその場になれば「勝利」を目指すだけ。阪神はすでに、桜美林大・佐々木を1位指名する方針で固まっているが、他球団の評価も高く、実際に競合してクジ引きとなる可能性は十分にある状況だ。それだけに、指揮官に集まる期待は高い。

 この日、四藤球団社長はドラフトでのクジ引き役は監督かという問いに「そらそうやろ。それしかない。引っ張ってきてもらわないと」と語気を強めて期待を口にした。運命の勝負は指揮官に託す。そこに変わりはなく、だからこそ昨年以上のドラマが見たい。

 高山を引き当てた昨年のドラフトでは、ヤクルトと競合。就任直後の金本監督が先に左手でクジを引いた中、後に引いたヤクルト・真中監督が外れを当たりくじと勘違いしてガッツポーズ。結果的に金本監督が当たりを引いていたが、そういった一連の流れもあり、会心のガッツポーズとはいかなかった。

 高山の今季の活躍を思えば、見事な当たりくじ。狙うはその再現だ。「クジ、抽選になるんかなあ。どうでしょう」と金本監督。この日の秋季練習は休日。来季を見据えた鍛錬の日々と並行して、大勝負に挑む。消化不良の形で終わりたくない。当たりくじを引き、歓喜の拳を握りしめる。運命の赤い糸を再び手繰り寄せる。

最終更新:10/18(火) 7:43

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。