ここから本文です

今一番ホットなIoT活用サービスはトイレ!?

MONOist 10/18(火) 17:10配信

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年10月17日、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発したと発表した。今後は実証実験などを進めてサービス品質の向上を図り、同年秋からオフィスビルなどの業務施設向けの販売を始める。

【トイレに設置する開閉センサーなどその他の画像】

 IoTトイレは、CTCが入居する霞が関ビルを管理する三井不動産との共同で、2016年4~7月にかけて、同ビル内のトイレで実証実験を行った。同年9月1日からは、霞が関ビルに加えて、CTCの大崎オフィスでも実証実験を進めている。

 CTCは2015年度に業務改善や問題解決につながるツール作成の社内コンテストを実施した。IoTトイレは、一定の時間帯に利用が集中する個室トイレの空き状況が効率的に分かるサービスとして、同コンテストで発案された。

 開発したシステムでは、発電パネルと無線が内蔵されているセンサーを使用して、個室トイレのドアの開閉状態を検知し、クラウドに情報を送信。PCやスマートデバイスから個室トイレの空き状況を確認できるようになっている。発電パネルによってセンサーの動作と無線通信を行う電源を確保するための配線工事や、サーバの設置などが不要なので、小規模なオフィスでも簡単に導入することができる。「ビルオーナーや管理会社のオフィスサービスの拡充に貢献できる」(CTC)としている。

 このIoTトイレの開発で注目すべきは、ビル管理を手掛ける三井不動産とともに実証実験を行ったところにある。三井不動産は「その先の、オフィスへ」をスローガンに、既存のオフィスビルの概念を超えた新しい付加価値の提供を目指している。IoTトイレのようなオフィス向けIoTサービス開発は、この方針に合致した取り組みとなる。

 両社による実証実験を通して、トイレに設置した機器の長期間にわたる連続運用やセンサーの感度調整、データ送受信に関するプログラム改修などを行った。

●活用シナリオ/デモとしての「スマートトイレルーム」

 トイレとIoTの組み合わせはCTCの専売特許ではない。ユニアデックスは、2016年4月に開設したIoT活用の早期実現を支援する場「IoTエコシステムラボ」における活用シナリオ/デモとして、個室トイレの利用状況を確認できるIoT活用サービス「スマートトイレルーム」を発表している。同年9月末に開いた会見では、スマートトイレルームのデモも披露した。

 スマートトイレルームの機能は、CTCのIoTトイレとほぼ同じだ。ただし、スマートトイレルームの場合、個室トイレの開閉を検知するセンサーとして、アルプス電気の「センサーネットワークモジュール開発キット」を用いている。市販品のセンサーを利用しているのは、スマートトイレルームがあくまで活用シナリオ/デモであり、ユニアデックスが「IoTの評価検証に必要なハードウェアやクラウドサービス、回線、IoT可視化ソフトウェアなどをパッケージ化した「IoTスタートキット」の利用が前提になっているからだ。

 スマートトイレルームでは、空き室状況だけでなく、その個室の使用時間も確認できるようになっている。さらに実証実験として、ユニアデックスオフィスの男子用トイレを使用した他、海の家の仮設和式トイレでの運用を行っている。

 ユニアデックスによれば「施設の設備提供者にとって、最もクレームが多いものの1つがトイレ」だという。最もスマート化が遅れているトイレは、今後のIoT活用サービスの対象として最もホットな場所になるのかもしれない。

最終更新:10/18(火) 17:10

MONOist

なぜ今? 首相主導の働き方改革