ここから本文です

バルサ、ネイマールと21日に新契約締結へ 契約解除金は最大で286億円に

ISM 10/18(火) 12:06配信

 バルセロナ(スペイン)は現地時間17日(以下現地時間)、ブラジル代表FWネイマール(24)が21日に新契約にサインすることを発表した。これにより同選手の契約期間は3年延長され、2021年までとなる。

 スペインでの生活に不満を抱いていると噂されるネイマールは今夏、パリSG(フランス)やマンチェスターU、マンチェスターC(以上イングランド)などへの移籍が取り沙汰されていた。なかでもパリSGは、世界最高額の年俸を含めた高待遇を用意するなど、熱心にアプローチしていると報じられていた。しかしバルサは今年7月、移籍の噂に終止符を打つべく、同選手との契約延長に合意したと明かしていた。

 その際にクラブが発表したところによると、契約解除金は新契約締結後の1年目が2億ユーロ(約229億円)、2年目は2億2200万ユーロ(約252億円)、残りの3年は、2億5000万ユーロ(約286億円)になるとのこと。

 ネイマールは2013年にサントス(ブラジル)からバルサに加入。同チームでこれまで公式戦149試合に出場し、90ゴールを記録。今季も8試合で5得点をマークしている。これまでのバルサでの3シーズン半で、それぞれ2度のリーガ・エスパニョーラ、国王杯(コパ・デル・レイ)、スペイン・スーパーカップに加え、チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ優勝、クラブW杯と9つのタイトル獲得に貢献している。

 なお、バルサは同日、ネイマール同様7月に契約延長で合意していたMFハビエル・マスチェラーノ(32)についても、2019年まで延長したことを発表している。(STATS-AP)

最終更新:10/18(火) 12:06

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]