ここから本文です

中川大志×飯豊まりえ「きょうのキラ君」予告編、キラの抱える秘密とは

映画ナタリー 10/18(火) 12:00配信

「近キョリ恋愛」で知られるみきもと凜のマンガを実写化した「きょうのキラ君」のメインビジュアルが完成。あわせて予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、学校の人気者で秘密を抱える男子高生“キラ”こと吉良ゆいじと、他人と関わることが苦手な少女“ニノ”こと岡村ニノンの純愛を描く物語。中川大志がキラを、飯豊まりえがニノを演じ、葉山奨之、平祐奈、安田顕らが脇を固める。「海月姫」の川村泰祐が監督を務めた。

90秒の予告編では、キラがニノの頭に手を置き「スゲーじゃん、お前」と褒める仕草や、授業中に「ここ空いてるぞ」とニノを隣の席に誘う様子など、幸せそうな2人の姿が続く。しかし後半では一転、キラの抱える“秘密”の一端が明らかに。キラを笑顔にしたいと奔走するニノの姿が、[Alexandros]による主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」に乗せて映し出される。

また本予告のあとには30秒のショート版も収録。上半身裸のキラにニノが抱きつく様子など、ニノのドキドキが伝わるシーンが収められている。

「きょうのキラ君」は、2017年2月25日より全国でロードショー。



(c)2017「きょうのキラ君」製作委員会

最終更新:10/18(火) 12:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]